スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『犬の社会化』

Category : トレーニング
 犬の社会化って、犬を飼っていらっしゃる方ならご存知だと思いますが
それって、パピーの頃の話であって、もう家はとっくに過ぎてしまっているし、
既に終わってしまったと諦めている方、実は少なくないのではないでしょうか?

一般的に、子犬を迎え生後3~5ヶ月位迄が社会化期と言われることが多く、
それ以降では手遅れとか、社会化期を過ぎてしまうと、頭に入っていかない。と
煽られ、一番デリケートで大切な時期に、最初が肝心だからと叱ったり、脅かしたり、
力で制してみたり…、いろいろなことを行ってしまった結果、
大切なボタンを掛け違えてしまったという結果になってはいないだろうか。
実はこれ、私もモカに行ってしまった、経験談(大失敗)でもあります(>_<)

しかし、社会化って何歳からでも出来るんですよ。
遅い、手遅れなんていうということはありません。
なぜならば、種の違う犬達がこの刺激の多い人間界で生きていく為に必要な
『お守り』となるような《安心・安全》を、私達飼い主が伝えてあげられたら、どんな強い刺激や荒波でも乗り越えることができると思うからです。
これは、我が家のモカとのんに教わりました。

では、実際にその『お守り』とは?
犬がワクワクする嬉しい言葉(好子)を沢山作ってあげることです。
苦手なものと無条件に嬉しいもの(オヤツ)と都度、都度、提示(重ねて)して
いくことで作ることができるんです(誰でも出来ますよ~♪)
具体的には、名前を呼びながらオヤツを食べさせたり、名前を呼びながら
犬が喜ぶところを触ってあげたりして、犬には雑音でしかない言葉(音)に、
犬の嬉しいことを重ねていきます。

すると、名前を呼ばれると犬にだって感情があるから、
『嬉しい』という気持ちが湧き上がるようになるのです。
(犬には感情があると、近年~科学的にも証明されていています。)

これが出来上がれば、苦手な物(犬、自転車、車など)が現れた時でも、
その場で名前を呼ばれたら、苦手なものより嬉しい気持ちが優先し、気にならなくなるのです。
結果、慣れて⇒『大丈夫』と学習するようになるんですね。犬って…。
私はこのお守りを、いろんな状況で使えるように、沢山作ってきました。
(この4年間で・・・)


そのお蔭で、この夏は大きな変化がありました。
我が家には、吠え吠えなのんちゃんがおりますが、大勢ワンコさん達が集まる所へ出かけることが多かったこの夏・・・、
『大丈夫』という経験を沢山して、
今、彼女の中で何かが変わりはじめているようです。
又私の中でも、犬にとって何が一番大事なのかが、やっと見えてきたように感じています。

それは、吠えることが悪いのではなくて(吠えは犬として当然の行動だから)
強い刺激(対ワンコさんであったり、聞き慣れない物音など)の中で、
のんが『大丈夫なんだ』と感じられる空間をどれだけ私が与えてあげられるか?
だと思うんです。
《安心・安全》のお守りがあれば、大丈夫。
これを作ってあげて、いろんな経験をさせてあげることが“犬の社会化”だと思うんです。

このようなことを考えると、叱りや脅しで≪安心・安全≫を与えられるわけがありません。
逆に言うと、叱ったり脅したりしなくても、種の違う犬達に伝えることが出来るなら、
あなたなら、どちらを選びますか?
心を通わせるのに必要なものは、犬も人間も一緒だと思いませんか?
私はこの『お守り』を大切に、これからも社会化を継続していきたいと思っています。
スポンサーサイト

『私の考える毅然とした態度』

Category : トレーニング
昨日参加させていただいたチャーリードッグスクール、夏目先生の座学を終えて、私なりに感じたことをまとめてみたいと思います。

これは↓昨夜FacebookにUPしたもの
---------------------------------------------------------------------
今日はチャーリードッグスクールのさいたま座学に参加しました。

受講中、4年前のモカのんを迎えた頃の自分を思い出し…
あの頃はバリバリ人間目線だったから、さぞモカとのんは暮らしにくかっただろうな。
と言っても、まだまだ犬目線に近づけてないかも知れないけれど(^^;;
私は犬と仲良く暮らしたくて犬との生活を選んだのだから、心を通わせられるようなトレーニングを選択したいと思っています。
あくまでも人道的で、犬の心や身体を傷つけないトレーニングをこれからも自分の目で見極めて、取り入れていきたいと思う。

そして、いずれ訪れるであろう、動けなくなった時の為に…
痛くて苦しいときでも受け入れて貰える飼い主でありたい。
じゃあ、自分が辛い時、受け入れられる人ってどんな人だろう?
いつ叩かれるか分からなくて、あげく不安感が漂っているような人には、そばに居て欲しいとは思わないだろうな。
どんと構えて『大丈夫だよ』って寄り添ってくれるだけで安心する。

基本、嫌なことは、犬も人間も一緒だよね!
犬だからって許されるはずはない。同じ命だもの。

これからのモカのんとの関係を考えさせられる、貴重な座学でございました。

--------------------------------------------------------------------

では実際、犬と人はどうやったら心を許し合える、信頼関係を築けるようになるのだろうか…。
私なりに考えてみました。



私は犬を飼いはじめた頃、ペットショップ、動物病院、躾本などなど、情報が欲しくていろいろ聞いたり探したりしたものです(^^;;
(これでも、クソ真面目、一直線なタイプでして…わ私(^^;;)
その中で、犬飼いさんならきっと誰もが一度は目にしているであろう『犬には毅然とした態度が大事』と言う文言。
正直私は苦手というか出来ませんでした。
なぜかと言うと、一般的に言われる毅然とした態度って、なんか冷たく感じてしまったから…。
毅然とした態度=無視
仲良くなりたいのに、なんで無視しなくてはいけないのー?って
そんなイメージがありました。

しかし、この4年~犬とはどういう動物なのか?
犬と心を通わせたいとき、犬に好かれたいとき、どうしたらこちらの意志が伝わるか?を勉強してきて、今私が感じる『毅然とした態度』とは…
犬に媚びへつらうことなく、自分の意志を貫き通せること。かな。

犬を思うあまりに、犬のことを心配し過ぎて、逆に犬に不安を与えてないだろうか。
可愛いからと、犬のとる行動を何から何まで監視し過ぎて(過干渉)、その姿は犬から見たら、怪しい雰囲気を醸し出してはいないだろうか。
(これでは本末転倒ですよね)

そもそも、犬同士ってベタベタしないというか、スルーされることが当たり前で、
大丈夫な時ほど、スルーしますよね=安心。みたいな。
それが人目線だと、可哀想と思ってしまう時ほど、犬の顔色をうかがうように、大丈夫と言いながらチラチラ顔を除き込んだり、落ち着かない態度を示していないだろうか?
又更にオヤツを与えてごまかしてしまってたりしないだろうか?

これは、昨日感じたことの自問自答でもあります(^^;;

我が家は、叱らない、罰を使わないトレーニングを日々取組んでいますが、吠えや、咬みなどの
してほしくない行動を許している訳では全くありません。

してほしく無い行動にきちんとNOを伝えられる飼い主こそ、犬は慕い、従いたいと思う強い飼い主だと思うから、伝えられるように取組んでいる真最中です(^^;;
仲良くなりたくてはじめたトレーニングだもの、一番大切な『心』を壊してしまうようなことだけはしたくない。

そして今は、4年前よりも自信を持って、無視=無反応を示せるようになってきた。(しかし、これがなかなか難しい(^^;; )なぜそれが必要なのか、意味を知ることって大事ですよね。

いつか、訪れる老後のために…
毎日コツコツと、少しづつ…
更に頼り甲斐のある強い飼い主を目指し、毅然とした態度で示して行きたいと思います。

『さいたま座学を終えて 』

Category : トレーニング
昨日はチャーリードッグスクールのさいたま座学へ参加させていただきました。
テーマは『吠え』




犬のことは、まだまだ知らないことが多いと、前へ前へと現在進行形で学ばれる夏目先生。
尊敬という一言で片づけたくないくらい、ドッグトレーナーとして、人として…魅力溢れる先生でございます。
又その最新情報を惜しみなく私達飼い主に伝えてくださる大変貴重な時間でもありました。
なので、いつになく脳みそフル回転な私(^^;;
犬の勉強は何よりも楽しいです!

さて、今回の課題の吠え。
そもそも吠えって、世間一般的には『悪い行動』と言われがちだったりしませんか?
でも、犬としては当然の行動なんですよね。会話や表現方法、吠えもシグナルです。
吠えの種類だっていろいろあって・・・
興奮吠え、恐怖や不安からの吠え、警報吠え、要求吠え、ストレス吠えなど。
自分のワンコが吠えている時、実際にきちんと区別できている人っているのだろうか。
例えば、サークルの中で、排泄をしたいからサークルの外へ出してほしくて『ひ~んひ~ん』と鳴くワンコさんがいたとします。
犬はキレイ好きで寝床を汚したくない動物ですから、サークルから出て排泄がしたい。
それを吠えたからと言って「NO」と叱ったり、飼い主がなめれるから犬のいう通りにはさせない。というのはどうでしょうか?
犬として当然の行動(吠え)なのに、それを理解してもらえなかったら、犬からの信頼は得られませんよね。

このように吠えには、種類があって、犬としての「言い分」がある分けです。
その時々の状況を飼い主が判断して対応できるようにしていかないと、犬との関係は良くならないと思います。

人間だってお喋りな人がいるように、犬だって少々口数が多い(我が家ののんみたいな)お茶目さんだっている分けです(笑)
ただそれは、犬が嫌いな人にとっては騒音でしかなく、そのまま放置しておくことは社会的にもNGだよね。ということで、いろいろなトレーニング(強制訓練、陽性強化、支配性理論)が存在しています。
しかし、トレーニングの多くは、犬が行動した後に着目して、行動を強化(増やす)したり、弱化(減らす)させるもの。
でも、最も大切なのは行動の後にだけ当てはめて考える、“行動”ではない本能的(感情面)な部分で、行動には何らかの『きっかけ』があると夏目先生。
例えば、対犬が苦手で吠えてしまうワンコさんの場合、飼い主は吠えさせまいと必死になるあまり、慌てたり上ずった声で名前を呼んでいないだろうか?
鋭いワンコ達は、そういう飼い主の慌てっぷり=犬がいる(来る)をすぐ見破ります。又飼い主の慌てた匂いで、一連の流れ(物語)が作られ、吠えが強化されている場合が少なくないようです。

又吠えたからと、叱ったり、脅したりし、「マテ」と言って行動をすりかえ、犬の感情をはぐらかすようなことをしなくても、『きっかけ』となる環境(飼い主を含む)をもう一度見直し、整えて、刺激(恐怖)は『好子』で克服できるものなんです。
これはテンプル・グランディン著「動物が幸せを感じるとき」にも書いてありました。

その為に、CDSでは好子となる2次強化子を、毎日コツコツと沢山作っているんですよね。
そして、いつかは飼い主そのものが好子とれるように取組んでいるわけです。

また、人間に比べて前頭葉が小さい犬=考えることが苦手な犬に、なんで考えるトレーニングばかりをするのでしょう?
犬だから?
もしそれが人間の子供だったらどう教えるか?
考えることが困難なら、そっと手を差し伸べて、人が手助けをして教える=身体プロンプト。
犬にだってそういう優しいトレーニングでも伝えられるよね。
もっと言うと、その方が飼い主への信頼は寄せられるよね。
という心温まるトレーニングのお話でした。

我が家ののんも、CDSでトレーニングをはじめて4年生(^^;;
お散歩でワンコさんの姿を見ればギャンギャン吠え、外の物音に反応しては吠え…(^^;;
と大変な時期もありましたが、今では対ワンコさんをスルー出来る時もあったり、家の中ではインターセプトですとんと落ち着けるようになってきました(*´∀`)
たまにですが、目が合うだけで吠え止んで、落ち着けるときもあるんですよ~♪
(私が怖い?(^^;; )

しかし、まだまだ要求吠えという課題もありますので…(^^;;
今後はその辺りを取組んでいきたいと考えております!

お暑い中~はるばるお越しくださいました夏目先生、そして会場の手配をしてくださった幹事のカエデさん、のえママさん、実り多い楽しい時間をありがとうございましたm(_ _)m
来月もよろしくお願いいたします♪

『犬に対する支配性とは?』

Category : トレーニング
先週末チャーリードッグスクールのさいたま定例座学へ参加させていただきました。

今回のテーマは「支配性理論をぶち壊せ」。
私が学びはじめて、一番広めていきたいと思う部分でもあり…(^^;;
伝え方を悩みすぎて、なかなかまとまらない状態ですが、思いきって書いてみようと思います(^^;;

支配性理論とは、古くから言い伝えられるオオカミと犬の関係で、犬はオオカミの血を引いているため序列意識が強く、力の強いものがリーダーとなり、そのリーダーに逆らうものは力で制裁し、自分が下位だということを理解させなければ群れ(家族)の安定が保たれない、
犬はどんなに小さくてもオオカミだから、「唸る」「咬む」「吠える」「指示に従わない」という行動が出た場合は、家族である人間が力を示し(アルファロールや愛情遮断、リーダーウォークなど)人がリーダーとなって服従させることが大切。
というようなオオカミだけを基準として伝えられてきた理論ですが、
これ人間の家族にあてはめて、未だに信じて実行している人っているのだろうか?
又この古臭い支配性理論は、既に過去の話として理解している人がほとんどだとしても、
でも、人間なら誰もが持ち合わせているであろう「支配性」という部分についてはどう考えるべきか?
正直、犬と暮らして行動学を学ばなければ、自分の支配性という部分まで考えることはなかったと思います(^^;;
でも、ピュアな犬と向き合うからこそ、見直さなければいけないと思うようになりました。


↑この澄んだ瞳に映る姿は、恥じることない自分でありたいと思います♪

そもそも、犬のみならず全ての生物に応用できるといわれている心理学に「行動分析学」があります。
ただ、これだけを勉強していても見えてこないのが、犬とはどういう生物なのか=『犬の行動学(エソロジー)』という犬の習性みたいな部分。

例えば、犬は気になる対象物に近づきたい時、弧を描くように近づきながら、対犬には顔を背けたり、地面の匂いを嗅いだりして「敵意はないよ」というカーミングシグナルを示します。
このような犬の「行動学」を理解せずに、
・散歩では脚側で歩くべき
・アイコンタクトをとりながら歩くべき
・飼い主より先に食事をしてはいけない
・飼い主の前を歩いてはいけない などなど。
といったような方法は、犬の習性はお構いなしに、人間都合でコントロール(支配)していることに繋がります。

では、犬目線で犬同士では、どうなるかというと、
先ほどの例をとって言うと、犬の頭が上を向いた状態で、直線的に向かってくるという姿勢は「不躾」ということになります。
この辺りの違いが理解出来ていないと
人は知らぬ間に犬をコントロール(支配して)して、犬の問題行動と言われる部分をわざわざ人間が引き出してしまうことになりかねませんよね。

犬同士が穏やかに暮らせる犬目線での環境を飼い主が整えて、犬を満たしてあげることが、動物福祉に沿った飼育ということに繋がるのだと思います。

そもそも・・・
・犬は人間を支配しようだなんて思いません。
犬はコントロール(支配)しなくても、人間を模倣して穏やかに暮らしたいと願っている健気な動物です。
 (逆に言うと、模倣されて恥ずかしくない人間であるべきとも言えるでしょう)

・吠えや咬みという(一般的に)問題行動と言われるような行動でも、行動の前にある恐怖や不安は交感神経が優位になっている状態なので、副交感神経へ働きかけ(リラックスへ導き)、自律神経を整えてあげれば、叱りや罰を与えコントロールしなくても「吠えなくても(咬まなくても)大丈夫だよ」は犬に伝わります。

その為に、CDS(チャーリードッグスクール)では、日々古典的条件付けを駆使して、名前という犬にとっては何の価値もない音を、苦手となる強い刺激をも乗り越えられるくらいの良い音(ワクワク感が湧き上がる)に仕立てあげ『好子』を作ります。
更には、飼い主という存在そのものを『好子』にして、常に落ち着いた状態(リラックス)へ導けるようなトレーニングを重ねています。
叱りや罰を使って犬をコントロールしようとしなくても、犬にとって『好子』となったもので強い刺激を乗り越えることができるのです。

これらのことを考えると、基礎となる『行動学』と『行動分析学』をしっかり区別して考えることが大切だと思うのと同時に、私の中にも存在する支配性についても、
・まわりの視線ばかり気にしてはいないだろうか。
・人は人
・犬は犬…など、
自問自答する大変貴重な時間となりました。

遠路はるばるお越しくださいました、夏目先生、会場の手配をしてくださった幹事のカエデさん、のえママさん、そしてご一緒した皆さん♪
実り多い楽しい時間をありがとうございました。

「つくばお散歩トレーニング 2015.03.21」

Category : トレーニング
今日はCDSのつくばお散歩トレーニングに家族で参加してきました。



早咲きの桜が咲いていて~ときどきお日様が顔を見せると暑いくらいのお散歩日和で、
モカものんも久しぶりの公園を満喫しているようでした٩( ´◡` )( ´◡` )۶

今日はふたりの大好きな言葉=2次強化子=好子を沢山使って
落ち着いて、リラックスして歩けるようにと挑みました。
最近は毎日のお散歩でもオヤツを使うことが少なくなってきましたが、全くオヤツを持たないというのも
これまた不安で^^; 保険として持ち歩いています。
でも、オヤツの量はだいぶ減ってきています。

しかし、だからと言って、オヤツを全く使わないのが良いわけはないんですよね。

夏目先生からのお話にもありましたが、犬の脳の前頭葉は人間と比べるととても小さくて、
小さいとどうなるかというと、「辛抱」することが苦手になるそうです。
この人間社会で生きていく上で、辛抱無くしては生きずらいのが現状です。
そういうとき、私達飼い主は何をしてあげることができるのか?
刺激をスルー出来る力を育ててあげたい、その一つにCDSでは「名前を読んでオヤツ」があります。
一見簡単そうに聞こえてしまう「名前を読んでオヤツ」ですが、実際このトレーニングを取り入れて
いるところは少ないというか無いに等しいのではないでしょうか。



そもそも名前という犬にとっては何も価値のない言葉を、犬の大好きなオヤツと対提示することで
自分の名前=大好き、良いものになる。
そして、名前が良いものになれば、名前を呼ばれると思わず尻尾が振れてしまうくらい嬉しい、ワクワクする。
そういうワクワク感を引き出してあげることが出来ます。

逆に言うと、名前を呼ばれても「聞いちゃ~いね~!」というワンコさんの場合は、残念ながら名前が良いものに
なっていないということになります。
名前を呼ばれた時のその子の状態や、まわりの環境、そして飼い主の心境までもが一次強化子である
オヤツと一緒に対提示されます。
飼い主が落ち着いてリラックスできていなければ?
又名前を呼ばれて嫌なことばかりされていたら?
どうなってしまうかは推測ができますね。

したがって、一見簡単そうに聞こえますが、何と何が対提示されるか?を考えれば考えるほど、とても奥が深くて難しいのですね(^^;;

何が言いたいかというと、オヤツは2次強化子を作る為に使うことは決して悪いことではなく、2次強化子を作る為には大いに使うべし!ということです。


↑のんの興奮しているワンコさんに背中向けるというシグナル~(笑)


そして、チャージングされて良いもの=好子が増えると、刺激が多い中でも名前を呼ばれればなんかワクワクする、気がつくと気が紛れて、嫌な刺激もスルーすることが出来ちゃった!みたいな…(笑)
するとワンコの表情は自信に満ち溢れ、生き生きとしてくるんですよね~♪
私はそんな姿が見たくて、毎日せっせとチャージングを頑張っていまーす(笑)



又今日は参加人数が少ないということもあって、皆さんのお悩みを一つづつ一緒に確認させていただいて、
とても勉強になりました。
CDSのお仲間さんは、みんな一生懸命で、その姿は「頑張ろう」ってとても励みになります。



特にワンコさんのリード捌きは、リードを引いてワンコさんの身体に負担がかからないようにと一生懸命考がえられて、
又だからといって犬に何かをさせたり、犬を動かしたりするのではなく、飼い主自らが身体を動かしたり、膝を使って、犬の身体への負担を軽減させるようなリード捌きを練習します。
夏目先生はよく馬の手綱を例に出されますが、犬も全く一緒で…。
あんなに細いリードだけれど、あの一本に飼い主のいろいろな想いが込められているんですよね。
私もモカのんに想いが伝わるように、リード捌き見習って、頑張りたいと思いました!

こうして頑張っているお仲間さんと一緒に同じ方向に向かって進めることを、私はとても嬉しく、いつも誇りに思っています。


僕~今日から監督もはじめました!(笑)

遠路はるばるお越しくださいました夏目先生、幹事のたまさん、ひなママさん、ジャムラ母さん、そしてくーちゃんママさん。
今日も楽しい、充実した時間をありがとうございました。
来月は綺麗な桜の中でトレーニング出来たら良いですね~♪
又よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

モカのんママ

Author:モカのんママ
■モカ♂(スムチー)4歳7ヶ月 
食いしん坊で、お散歩大好き!
かなり臆病な男の子です。
■のん♀(ロンチー)4歳4ヶ月
おやつ大好き!
のんきで明るい女の子です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チワワブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。