スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年を振り返り

Category : モカとのん
今年もあと僅か、数時間となりました。
とにかく早い一年でしたし、チャーリードッグスクールで学ばせていただきながら、いろいろなことにチャレンジした一年でもありました。

全てはモカとのんのことをもっと知りたくての一心で…。

3月にデビーポッツ先生のTタッチワークショップにモカと参加して、
これはビビリーなモカの苦手なものを軽減されてあげたくてです。

のんの食が細いのが心配で、ワンコの身体のことを勉強したくて…、
5月に食育の2級を、7月に1級を取得しました。

8月にはヴィべケ・リーセさんのカンファレンス、そして藤田りか子さんのセミナー。
懇親会で生ヴィべケさんとお話し出来たことは宝ものです。

12月にはCDSの神奈川県の動物保護センターの見学にも参加させていただきました。

とっても駆け足だったけれど、どれも私にとって貴重な体験でした。

モカとのんの問題点ばかりを直したいと、あくせくしていたのが一年前だとしたら、この一年は問題点ばかりを直そうとしてもダメだということ、「全てがリンクする」ということに気づかせてもらった、実り多い一年となりました。

そして古典的条件付けの大切さ。
ワンコにとって価値のある、楽しくて嬉しくてワクワクして思わず尻尾が振れてしまう言葉や合図を沢山作ってあげるということ。

そして、その基本が出来ると一緒にお散歩やゲームが楽しくなるんですね
一緒に楽しむこと=ママ大好き♪
という関係が出来上がるわけです。

我が家の場合ですが…
そういう関係が出来てきてはじめて、いろいろなことが通じ合えるようになってきたような気がします。
(とは言ってもまだまだ課題山盛りですが(^^;; )

確実に違うことは、一年前と名前を呼んだ時の反応が違うんですね。
一年前でも、きっと反応は良いと思っていたと思うのですが、内容というか質みたいなものが違ってきていると思うんです。

なので来年はもっといろいろなことを深く、モカとのんとも深くなれるように、更に精進したいと思います。

チャーリードッグスクールの夏目先生、そしてお仲間の皆さん、そして食育の上住先生、今年は本当にお世話になりました。
お陰様でうん十年ぶりに学び多き一年となりました。

2014年も前進あるのみです!
変わらずにお付き合いいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ギリギリ年内に書けたかな(^^;;

一年ありがとうございました。
スポンサーサイト

道満公園・お散歩会

Category : トレーニング
今日はCDSのお仲間さん達と道満公園をお散歩してきましたー( ̄∀ ̄)

9組13頭と散トレ並の大所帯でしたが、
同じ方向性のトレーニングに沿ったお散歩は、叱る人がいないどころか、
褒め言葉ばかりが飛び交い~その暖くて和やかな空間は、ワンコさん達にも、そして人にも最高の居場所なんですよね。

前日に『チーム・秋ヶ瀬』の自主勉強会があり、皆さんの今年一年の取組み方やワンコさんのクセなどを伺っていたこともあり、今日はとても場に馴染みやすかった気がするのは私だけでしょうか。

そのせいか、人側の対処の仕方が絶妙のタイミングで、皆さん素晴らしくて…!
歩けなくなる仔には皆で声を掛け合ったり、ワンコ同士が近すぎると人がインターセプトで介入したりマグネットをしてみたり、吠えてしまう仔には名前を呼んでオヤツだったりと…。

今年最後のお散歩会は、皆さんの引き出しの多さと愛情の深さを感じながら、充実した最高の2時間となりました♪

『皆さんの熱心さには頭が下がります。』 byモカのんパパ

私に巻き込まれてお散歩に参加させていただくようななったモカのんパパですが…(^^;;
CDSの皆さんの取組みには、やはり“深い愛情”を感じたようで、帰宅してからもしばらく感動しておりました。

そして今日のモカとのんはといいますと・・・

■モカ
寒さも感じないほどに~匂い嗅ぎに夢中でした(笑) そして嬉しいことに拾い食いもありませんでした♪
何回かガウガウするところがありましたが、ガウガウしても意味がないんだよ。と目下練習中です!
対処方法は、リードを短めに持ちつつ~緩めせながらガウガウして前進するとリードが張るので
リードが張ったら戻ってくる。の練習です。

■のん
久しぶりのワンコさんが近くに居ても気にならない=“無関心”っぷりには驚きでした(笑)
最近多く見られるのが、吠えるどころかプレイバウで遊びを誘いながら
嬉しそうに飛び回る姿・・・。犬らしくなってきたようにも感じるんですね。

以下~夏目先生のFBから引用させていただきます

『犬のスペースを尊重する(自由な行動を尊重する)、匂い嗅ぎをさせる、サークルで囲わない、
などを子犬の頃から遂行することで、ショップ出の犬同士の社会化が不十分な犬でも、
犬に社会化されていきます。
反対にいうと、自分が犬であることを忘れている犬は、それらが不十分だということ。』
最近ののんを見ていると~正にこの言葉がぴったり当てはまるんですね。

やっぱり夏目先生のトレーニングはどこまでも犬目線=犬に優しいトレーニングなのですね、私は継続してきて本当に良かったと心底思っています。


[広告] VPS

*↑音が出ますのでご注意ください♪


ではでは、今日一緒に歩いた可愛いお仲間さん達の写真でスライドショーを作りましたのでご覧くださいませ。

ご一緒していただきました皆さん、
楽しい時間をありがとうございましたm(_ _)m

来年も楽しくお散歩が出来るように、盛り上げていきましょうねー( ̄∀ ̄)

神奈川県動物保護センター見学会

Category : イベント
先日チャーリードッグスクールの神奈川県動物保護センターの見学会に
参加させていただきました。



きっとモカとのんを迎えなかったら、こういう機会は私には訪れなかったと思います。

ネットやFBの情報だけでなく、一度は自分の目で見て確かめてみたいと思っていたけれど
なかなか勇気がなく、今回の参加も正直迷いました^^;

でも・・・
「やっぱり知りたい!」
「知っておきたい!」
「知っておかなくては!」
と気持ちがだんだんと強くなり・・・
今回はCDS(チャーリードッグスクール)のお仲間さんんと一緒に見学できるという
またとない機会だということもあって参加させていただく事を決めました。

神奈川県動物保護センターはのどかな場所にありました。
まわりは畑や山林、これは苦情が来ないための立地にもなっているそうです。

センターに着くと先ずは職員の方から事業概要や譲渡会などの活動のお話しがありました。

それらは私が想像していたものとはるかに掛け離れたものでした。

職員のみなさんやボランティアの方の犬に対する意識の高さは本当に素晴らしくて
そこには皆さんの努力と成果が、数字としてはっきりと記されておりました。
(やはり一番気になってしまうのは殺処分のことですよね。)

殺処分の頭数が10年前と昨年(H24年度)を比べるとなんと10分の1
今年度(H25年度)はゼロ“0”だそうです!
こんな素晴らしいことがあるのですね。
(ただ、全国的にはまだまだ殺処分が行われている地域があるのも現状です)

又、私が一番気になっていた場所、ガス室(処分室)なんですが、こちらは数年前から使用しなくなっているそうです。
現在は麻酔で眠ってもらってから注射を施すとのこと。

動物の命を助けたくて獣医師になったのに、体温を感じながら最後の処置を施すのは精神的にも辛いことです。と職員の方がお話しして下さいました。

また、安楽死と言えども、苦痛を伴わない死はない。と。

いくら仕事とはいっても、さぞお辛いことでしょう。お気持ちをお察しすると共に、頭が下る思いでした。

又こちらのセンターの素晴らしいところは、保護犬さん達を少しでも長く預かって、
ボランティアの皆さんと新しい家族を探してあげるということです。

条例では保護期間は5日、6日目には処分ということになってはいるけれど、
なんと長い仔は1年もこちらでお世話になってから~新しい家族に迎えられるとか。

又筋の良い仔は、その間に訓練犬やコンパニオンアニマルとして~活躍することもあるそうですよ。
「それでも可哀想だから、いずれは新しい家族を探してあげるんです。」と
職員の方が仰っていました。

随所々に職員の方の暖かい気持ちが伝わってきて、お陰で私の緊張も段々とほぐれてきました。

きっとそういう暖かい気持ちって、ワンコ達にも届くはずですよね。
少し安心しました。

その後、センター内を見学させていただきました。
収容されているワンコさん達のお部屋や訓練犬も見せていただきました。

「なんでこんなに可愛い仔を捨てるのか?」
心の中で叫びました。
私には信じられない。
訓練犬の無邪気に走り回る姿を見ると
思わず目頭が熱くなってしまいました。

また、この仔達~お正月休みには職員の皆さんのご家庭に引き取られて、一緒にお正月を過ごすそうです。

保護センターだから、きっと殺伐としているだろう、と勝手に想像が膨らんでいましたが、こんなに暖かいセンターもあるのですね。


しかし、だからと言ってワンコを手放して良い訳ではないのです。

どんな理由があろうと、自分で迎えた“命“は最後まで手放してはいけないのです。

【手放す理由】

・飼い主の病気
・転居
・犬の病気
・老齢
・噛む犬 など

家庭や個人的な事情など、事前に分かること(予測できること)があるのなら、最初から犬は飼わないという決断だって、大きな愛情ですよね。

また、これからの時期クリスマスシーズンで、小さな可愛い命がクリスマスプレゼントとして、まるで物(オモチャのように)のように贈られることがありませんように…。
祈るばかりです。

そして今回すごく勉強になったことは、飼い主さんを追い込むような言葉を発してはいけない。ということです。
これは肝に銘じたいと思います。

例えば~咬む犬や吠える犬は『悪い犬』など…。

飼い主さんが窮屈に感じるような、肩身が狭くなるような言葉は、飼育を放棄したくなる気持ちに追い込むことになりかねないですよね。

もっともっと『命』の重みを感じ、何気ない言葉が飼い主さんを追い込んで、結果~命を安易に扱ってしまうことにならないように自分の発言にも気をつけなければと思いました。

最後に小高い山の上の、暖かい場所に眠るワンコさん達の慰霊碑に皆で向かいました。
夏目先生と小麦の母ちゃんが慰霊碑にお花を手向けられ静かに黙祷。

ゆっくり眠ってくださいね!と祈るばかりでした。


つい数ヶ月前になりますが…
私は自分の地域の動物愛護センターがどういうところなのか?
いざと言う時に慌てない為にと、電話番号を携帯に登録して…
『もし自分のワンコが行方不明になった時、そして迷子のワンコさんを見かけたときは?』とセンターへ問い合わせたことがありました。

今回のような詳しいお話しまでは伺えなかったけれど、条例では7日間保護して飼い主が迎えにこない場合は処分します。ときっぱり言われてしまい、かなりショックを受けました。

なので機会があれば、嫌、機会を作って自分の地域の保護センターの活動なども一度お話しを伺ってみたいと思います。

私にだって、もしかしたら何かお手伝いできることがあるかも知れない。
そんな想いで帰宅しました。

良い機会を与えてくださいましたチャーリーママさんこと夏目先生、
そしてCDSのご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました。

噛み加減

Category : モカのこと
いつ頃だったかな?
そうそう夏が終わる頃だったから9月頃です
“引っ張りっこ”で遊ぶ時に私の力加減を意識しながら遊びはじめたんです。
(確かこの頃チャーリードッグスクールでも引っ張りっこのお話しがありました)

今までは“引っ張りっこ”で遊ぶ時は、オモチャを綱引きのように、ただただ力まかせに引っ張り合っていたんですが、

それを・・・
私はそれほど力を入れずにオモチャを持ち~モカが力を入れてきたら、
オモチャを数回左右に動かして次は私が力を抜く。
そんな練習を繰り返しました。

もっちろん、引っ張っている時は、モカはガウガウ言いながら唸りますよ~( ̄∀ ̄)
でもこの時のガウガウは絶対にと言っていいくらい噛みに来ません。
モカにも遊びだという区別がきちんと出来ているんですね。



そして1ヶ月もすると、私が力を抜くとモカがオモチャを離す(=おしまい)ようになってきて。

で、本当はそこで「そうそう!」が良かったと思うのですが、
私~間違えて、しばらく「タンタン♪」を鳴らしていたんですね^^;

そうしたらモカは“へっ?”って感じの期待感満々の顔で見上げるんです(笑)
タンタン♪=「オヤツじゃないの?」みたいな^^;

それではマズイと思い直し、オモチャを離せた時に『そうそう!』と言葉をかぶせるように修正しました(^^;;

すると離すタイミングをモカも理解しはじめてくれました。

それからは、引っ張っこで遊びはじめると、結構早い時間でオモチャを離し、おしまいになります。
(こうすることで、興奮→そして冷めるという経験が出来てきたのだと思います。)

そしてもっと嬉しいことは・・・
モカは前脚を触られることが苦手なナイーブ君。
今でもたまに脚拭きの時にガウガウして「嫌なんだよー!」って
私の手を噛みにくることがあるのですが^^;
その時に、私が手の力を抜くんです!
そうすると、歯を当てることをしなくなりました。
(噛むと言ってもほとんど甘噛み状態なので痛くないのですが。)

又、私が力を抜けるようになったのも、ここ1ヶ月くらいの最近のことでして^^;
(噛んできたら力を抜くということは、今までも頭では分かっていてもなかなか出来ないことでした。
 今までは噛まれながらもチャチャっとお手入れをして→オヤツの奮発でした。)

なので、この“引っ張りっこ”で、私がモカに力加減を教えてもらった!みたいなものなんです。
「力を抜いた時のお互いの感覚」とでも言うのでしょうか。

これが「噛み加減」とやっと分かりはじめたのです。
(まったくもって遅くて~お恥ずかしい限りです^^; )

「噛み」って一言でいうと=悪い仔=攻撃的と捉えられがちですが、
全くそんなことはないのです。
ナイーブさんの心の叫びなんですよね~『やめてよ~』という叫び。

それを手が付けられないと諦めることは簡単なことだけれど
こうしていろんなことを取り入れて、遊びながら分かり合えることだってあるんですね。

私とモカの関係(ルール)が深くなれたような~そんな満足感でいっぱいです!

トレーニングってこれだけをやっていたら大丈夫ということは無いんですよね
いろいろなことにチャレンジしてみる、するとひょんなところから、いろんな気づきがあるんですね。

もっともっと新たな発見ができるように~楽しみながら頑張りたいと思うのでした♪

秋ヶ瀬お散歩トレーニング

Category : トレーニング
今日はチャーリードックスクールの今年最後の秋ヶ瀬お散歩トレーニングに
モカとのん(2頭引で)参加させて頂きました。

12月とは思えないくらい~暖かくてとても気持ちの良いお散歩日和♪
モカとのんもノリノリでスタートしました。



先月の秋ヶ瀬散トレは雨で中止だったので、秋ヶ瀬は10月以来。
10月ははじめて2頭引きで、私の気持ちが散乱してしまったこともあって、
かなり大変で^^;
帰宅して反省点がいっぱいでした。
なので、反省点を含め~新たに目標を立てて挑みました。

★本日の目標★
・リードをゆるゆるで歩くこと(犬語を出してあげられるように・・・)
・私が堂々と姿勢よく歩くこと(慌てずに、そしてリズミカルに~♪
最近2頭引きを初めて気付きはじめたのですが、歩くテンポも古典的条件付かなと…。)
・モカのガウガウに、そしてのんの吠えに早めに介入(インターセプト)しながら歩くこと。
 (ママを見ていたら大丈夫だよ!を教えられるように~)



秋ヶ瀬に到着すると、先ずはふたりとも匂い嗅ぎに忙しくて
モカは匂いを嗅いでは、蹴り蹴りして気分が高揚しているように見えました。
正にこれは「匂い嗅ぎ」という大好きな遊びを見つけてしまったということみたいです^^;



のんは、気になるワンコさんに吠えてアピールをしていましたが
私の声が届く事が増えてきていて、ここでも最近の成長っぷりを
確認することができました。
お蔭で私の気持ちも落ち着いてスタートすることができました。

そして最初の難関は、自己紹介タイムです^^;
止まっている状態が苦手なのん子さん!
今回も動くワンコさんが気になるみたいで、突進しようとしたり吠えようとしたり
何度かそういう行動がみられましたが、
私の手をターゲットにして(マグネットですね)、気持ちがMAXになる前に
動かしてあげるように試みました。
あれでも?かも知れないけど~私的にははなまるちゃんです♪
少しづつ止まっている状態で、近くにワンコさんがいても大丈夫なんだ。ということを
分かってくれてたら嬉しいです^^;

その後、みんなで歩きました。
匂い嗅ぎのポイントがオレオちゃんと似ているらしく、
オレオちゃんとモカは匂いを嗅いではマーキングし合う姿が可愛かったね~。

又モカはいろんな匂いが気になるから、一人旅のようにいろんな所へ行ってしまうのですが
リードが張ったところで、グーの状態で『そっちは行かないよ~』と言う声かけで戻ってくる
そんな練習も出来てきたので、みんなとのコースを外れずに歩くことができました。
モカ~ありがと!

のん子さんは・・・
例えばですが~オレオちゃんを見ると吠えてしまうことが多くて、
なかなかふたりの距離が縮まらなかったのですが、
(これはオレオちゃんに限らずなのですが…)
ここ最近はお互いにプレイバウをしてみたりと、
微笑ましい関係になってきたんですよね~。
「みんなお友達なんだ、近くに居ても何も怖くない存在なんだ~」って
思えるようになってきたみたいで、散トレ効果って本当に凄いな~と
改めて感じました。

又こういう行動が増えてきたのも、のんの「自信」だと思うのですね。
先日の横浜散トレで名前を呼んでオヤツのデモをさせていただいた事も
のんにとっても大きな経験となったみたいで、その後の近所のお散歩でも
対ワンコさんをスルーできる確率が高い上に、ビックリするのは近所の
ワンコさんにも吠えずにプレイバウをして楽しげに遊びを誘ったりするのです。
(プレイバウしながら私の顔を見上げて、ママ上手でしょ?って言ってる感じにも見えます(笑))

きっとのんの中で、何かが変わりはじめているんですよね~きっと・・・。

なので、良い経験を継続して体験させてあげたくて~
今回も名前を呼んでオヤツのデモをのんと一緒にチャレンジさせていただきました♪
(この時~モカを先生にお願いしたのですが・・・、お願いする前から私の目が
既にモカのリードを持っていて~と訴えていたらしいです^^; 
先生~すみません、ありがとうございましたぁ~♪)

ワンコさんと飼い主が輪になっているところに入れるだけでも
私にとっては(のんにとっても)凄いことなんです!
でも、これは各々のワンコさんが飼い主さんの指示で抑制されているという
素晴らしい環境がのんにとっては『安全だ』という前提になっているのだと思うのです。
だからその輪の中で、ママが言うのなら頑張るよ=「ママを見ていたら大丈夫なんだ!」
こんな方程式がのんの中で芽生えているのではないのかな?



皆さんが暖かく見守ってくださったお蔭で、のんは最後まで頑張ることが出来ました。
本当にありがとうございました♪

その後、ノエル君とノエママさんがマグネットのデモを、
カエデさんとルビー姉さんがオンリードでのおいで!を披露してくれました。

ノエル君は久しぶりの散トレだというのに~落ち着いてママの手をターゲットに
動けていて~とてもお上手でしたね!

ルビー姉さんは、カエデさんの後を弾んで追いかけて~ルンタッタ♪♪
本当に理想のペアさんです!

先生からも、基礎トレとして
・名前を呼んでオヤツ
・マグネット
・オンリードのおいで
これをやっていきましょうとお話しがありました。

今後も(来年も)一つ一つを大事に、丁寧に取り組んでいきたいと
改めて思いました。


↑ジャムラ母さん~大人気♪

そして、第二の難関は散トレ終了後の青空ランチです^^;
なんで止まると吠えが出てしまうのか?
のんはパーソナルスペースが広いようなんですね。
だから、先ずはみんなと離れた場所から、(あれ?離れてなかったかも^^;)
オヤツを食べながらやり過ごすことが目標です。


↑おー次郎君~リラックスできて偉いです~♪

そして今回は、みんなの輪の中で、オヤツを食べていることができました。
目の色を変えて、まわりの動くものを見つけては吠えるという行動が
少なくなってきてこちらもびっくりでした(^^;;
でも、途中「オヤツもってくれ~!」と要求吠えが入っていることもありましたが^^;
まぁ~まぁ~それも可愛い要求ということで^^;
こういう経験をもっともっと積ませてあげたいものですね。

ということで、我が家の今年最後の秋ヶ瀬お散歩トレーニングは
楽しく終わることができました。
チャンチャン♪♪



いつも遠くからお越しくださるチャーリーママさんこと夏目先生、
今年も本当にお世話になりました、ありがとうございました。
そしてご一緒させて頂いた皆さん~楽しい時間をありがとうございました。
こんなモカとのんですが、来年も皆さんと一緒に進ませてくださいませ。

又お会いできる日を楽しみにしております。ありがとうございました♪

道満グリーンパーク・お散歩会 2013.11.30

Category : お散歩
今日はチャーリードッグスクールのお仲間さんと道満公園を歩いてきました。

風もなく絶好のお散歩日和~ワンコも飼い主も気分上昇~♪

先ずはみんなで自己紹介をしてからスタートしました、
我が家~今までの自己紹介では、モカの拾い食いとのんの吠えの取り組みを
お話させていただいていましたが・・・

チャーリー組もそろそろ(来年の2月で)~3年生!
拾い食いも吠え吠えもお蔭様でどうにか~落ち着いてきておりまして
(まだ油断はできませんが・・・^^;)
今日は自己紹介での目標も変更して「リードを緩めて歩く!」ことに決めて挑みました。

私の気持ちにゆとりが持ててきたせいか・・・
お仲間のワンコさんの行動を見る余裕も少しだけど出てきて

毎日~目標を立てて取り組んでいるお仲間さん達の成長っぷりは
本当に励まされるものがありました。

何かが出来たから「凄い」のではなく、こうしてゆるゆると
刺激の多い環境の中をみんなで歩くこと、そしてみんなで居られることが
一番の社会化ではないでしょうか。

そんなことん感じたお散歩会でした。

[広告] VPS


ということで、久しぶりにスライドショーを作ってみました♪
可愛い~可愛いお仲間さん達の姿を~たっぷりご覧くださぁーい!!
プロフィール

モカのんママ

Author:モカのんママ
■モカ♂(スムチー)4歳7ヶ月 
食いしん坊で、お散歩大好き!
かなり臆病な男の子です。
■のん♀(ロンチー)4歳4ヶ月
おやつ大好き!
のんきで明るい女の子です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チワワブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。