スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「吠える犬は悪い子ですか?」

Category : モカとのん
犬と楽しく暮らしたくて子犬を迎え家に連れて帰った途端に、吠えが出たり
又最初はおとなしくて吠えなかったのに、急に吠えだすようになった。とか…
そういう場合、何がいけなかったのか?自分のどの対処法が間違っていたのか?と自分を責めてしまう飼い主さんて少なくないのではないでしょうか。
(実は私がそうでした(^^;; )
では、犬が吠えることってそんなに悪いこと?
絶対に吠えさせてはいけないのでしょうか?


確かに、世間一般的に「吠える子は悪い子」吠えないで居られる子は「良い子だね~」と褒めてもらえて・・・。
吠える子を連れていると冷やかな視線が胸に突き刺さるくらい辛くて、お散歩していても肩身が狭くて、私何か悪いことしたかしら?とそんな気持ちに苛まれる飼い主さんって多いのではないかしら?

しかし、よくよく勉強してみると・・・
犬にだって吠える理由があるんですね。
怖いとか、悲しいという感情があると科学的に証明されてきていて、ましてや我が家のように小型犬の場合、目に入るもの全てが大きくて、そりゃー怖かったりビックリして、ついつい声が出てしまうということだってあるでしょう。
又怖いからこれ以上近づかないで!という時には、余計に声を張り上げるかも知れませんよね。
人間だって他人が近くに来すぎたら、文句の一つも言いたくなります。
したがって、世間体とか自分の気持ちはちょっと横に置いといて・・・(笑)
犬目線で考えれば、吠えも普通に理解することができるということです。

そもそも、犬には個体差はあれど、距離を保ちたいというスペース(パーソナルスペース)があります。
それをずかずかと土足で侵入されるようなことがあれば、文句の一つも言いたくなるでしょうし、どうしても今文句を言いたくて仕方がない時にうるさいから「オヤツ食べてなさい。」と口にオヤツを入れられるのも、犬の感情面を考えるといかがなものかな?と最近考えるようになりました。
もし、自分がその立場だったら?
例えば、信頼できる大好きな人に、仕事の愚痴を聞いてもらいたくて話している最中に、うるさいから「ケーキ食べてて!」ってケーキを口に入れられたとしたら?
自分のイライラは一つも解消されず、イライラが増すのは私だけかしら?(笑)
では、信頼できる人に「分かったよ!大丈夫だよ!そんなに気にすんな。」と宥めてもらえたら、気持ちがス~っと晴れると思いませんか?
ワンコだって同じなのではないかな?と最近考えられるようになりました。

このようなことを考えると・・・
先ずは、感情に寄り添って、一旦気持ちを受け止めてあげる。
そして、吠えの対象となっている刺激を乗り越える為に、犬にとって価値のある言葉(2次強化子)を沢山作ってあげることが、犬と一緒に暮らすという楽しさでもあると思うのです。

傍から見たら問題と言われがちな「吠え」かも知れないけれど、実はそのおかげで犬とのパイプが太くなり、心を通い合う絶好のチャンスだとしたら???

私は問題行動と言われている、のんの吠えや、モカの咬みに感謝せずにいられません。
犬と暮らすことって、こんなに楽しいくて充実しているものだなんて思いもしなかったから…。
今では負け惜しみではなく、心の底からふたりに感謝しています(*´∀`)

吠えても吠え止ませてあげられれば問題ありませんよね~♪


スポンサーサイト

「つくばお散歩トレーニング 2015.03.21」

Category : トレーニング
今日はCDSのつくばお散歩トレーニングに家族で参加してきました。



早咲きの桜が咲いていて~ときどきお日様が顔を見せると暑いくらいのお散歩日和で、
モカものんも久しぶりの公園を満喫しているようでした٩( ´◡` )( ´◡` )۶

今日はふたりの大好きな言葉=2次強化子=好子を沢山使って
落ち着いて、リラックスして歩けるようにと挑みました。
最近は毎日のお散歩でもオヤツを使うことが少なくなってきましたが、全くオヤツを持たないというのも
これまた不安で^^; 保険として持ち歩いています。
でも、オヤツの量はだいぶ減ってきています。

しかし、だからと言って、オヤツを全く使わないのが良いわけはないんですよね。

夏目先生からのお話にもありましたが、犬の脳の前頭葉は人間と比べるととても小さくて、
小さいとどうなるかというと、「辛抱」することが苦手になるそうです。
この人間社会で生きていく上で、辛抱無くしては生きずらいのが現状です。
そういうとき、私達飼い主は何をしてあげることができるのか?
刺激をスルー出来る力を育ててあげたい、その一つにCDSでは「名前を読んでオヤツ」があります。
一見簡単そうに聞こえてしまう「名前を読んでオヤツ」ですが、実際このトレーニングを取り入れて
いるところは少ないというか無いに等しいのではないでしょうか。



そもそも名前という犬にとっては何も価値のない言葉を、犬の大好きなオヤツと対提示することで
自分の名前=大好き、良いものになる。
そして、名前が良いものになれば、名前を呼ばれると思わず尻尾が振れてしまうくらい嬉しい、ワクワクする。
そういうワクワク感を引き出してあげることが出来ます。

逆に言うと、名前を呼ばれても「聞いちゃ~いね~!」というワンコさんの場合は、残念ながら名前が良いものに
なっていないということになります。
名前を呼ばれた時のその子の状態や、まわりの環境、そして飼い主の心境までもが一次強化子である
オヤツと一緒に対提示されます。
飼い主が落ち着いてリラックスできていなければ?
又名前を呼ばれて嫌なことばかりされていたら?
どうなってしまうかは推測ができますね。

したがって、一見簡単そうに聞こえますが、何と何が対提示されるか?を考えれば考えるほど、とても奥が深くて難しいのですね(^^;;

何が言いたいかというと、オヤツは2次強化子を作る為に使うことは決して悪いことではなく、2次強化子を作る為には大いに使うべし!ということです。


↑のんの興奮しているワンコさんに背中向けるというシグナル~(笑)


そして、チャージングされて良いもの=好子が増えると、刺激が多い中でも名前を呼ばれればなんかワクワクする、気がつくと気が紛れて、嫌な刺激もスルーすることが出来ちゃった!みたいな…(笑)
するとワンコの表情は自信に満ち溢れ、生き生きとしてくるんですよね~♪
私はそんな姿が見たくて、毎日せっせとチャージングを頑張っていまーす(笑)



又今日は参加人数が少ないということもあって、皆さんのお悩みを一つづつ一緒に確認させていただいて、
とても勉強になりました。
CDSのお仲間さんは、みんな一生懸命で、その姿は「頑張ろう」ってとても励みになります。



特にワンコさんのリード捌きは、リードを引いてワンコさんの身体に負担がかからないようにと一生懸命考がえられて、
又だからといって犬に何かをさせたり、犬を動かしたりするのではなく、飼い主自らが身体を動かしたり、膝を使って、犬の身体への負担を軽減させるようなリード捌きを練習します。
夏目先生はよく馬の手綱を例に出されますが、犬も全く一緒で…。
あんなに細いリードだけれど、あの一本に飼い主のいろいろな想いが込められているんですよね。
私もモカのんに想いが伝わるように、リード捌き見習って、頑張りたいと思いました!

こうして頑張っているお仲間さんと一緒に同じ方向に向かって進めることを、私はとても嬉しく、いつも誇りに思っています。


僕~今日から監督もはじめました!(笑)

遠路はるばるお越しくださいました夏目先生、幹事のたまさん、ひなママさん、ジャムラ母さん、そしてくーちゃんママさん。
今日も楽しい、充実した時間をありがとうございました。
来月は綺麗な桜の中でトレーニング出来たら良いですね~♪
又よろしくお願いいたしますm(__)m
プロフィール

モカのんママ

Author:モカのんママ
■モカ♂(スムチー)4歳7ヶ月 
食いしん坊で、お散歩大好き!
かなり臆病な男の子です。
■のん♀(ロンチー)4歳4ヶ月
おやつ大好き!
のんきで明るい女の子です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チワワブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。