スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さいたま座学を終えて 』

Category : トレーニング
昨日はチャーリードッグスクールのさいたま座学へ参加させていただきました。
テーマは『吠え』




犬のことは、まだまだ知らないことが多いと、前へ前へと現在進行形で学ばれる夏目先生。
尊敬という一言で片づけたくないくらい、ドッグトレーナーとして、人として…魅力溢れる先生でございます。
又その最新情報を惜しみなく私達飼い主に伝えてくださる大変貴重な時間でもありました。
なので、いつになく脳みそフル回転な私(^^;;
犬の勉強は何よりも楽しいです!

さて、今回の課題の吠え。
そもそも吠えって、世間一般的には『悪い行動』と言われがちだったりしませんか?
でも、犬としては当然の行動なんですよね。会話や表現方法、吠えもシグナルです。
吠えの種類だっていろいろあって・・・
興奮吠え、恐怖や不安からの吠え、警報吠え、要求吠え、ストレス吠えなど。
自分のワンコが吠えている時、実際にきちんと区別できている人っているのだろうか。
例えば、サークルの中で、排泄をしたいからサークルの外へ出してほしくて『ひ~んひ~ん』と鳴くワンコさんがいたとします。
犬はキレイ好きで寝床を汚したくない動物ですから、サークルから出て排泄がしたい。
それを吠えたからと言って「NO」と叱ったり、飼い主がなめれるから犬のいう通りにはさせない。というのはどうでしょうか?
犬として当然の行動(吠え)なのに、それを理解してもらえなかったら、犬からの信頼は得られませんよね。

このように吠えには、種類があって、犬としての「言い分」がある分けです。
その時々の状況を飼い主が判断して対応できるようにしていかないと、犬との関係は良くならないと思います。

人間だってお喋りな人がいるように、犬だって少々口数が多い(我が家ののんみたいな)お茶目さんだっている分けです(笑)
ただそれは、犬が嫌いな人にとっては騒音でしかなく、そのまま放置しておくことは社会的にもNGだよね。ということで、いろいろなトレーニング(強制訓練、陽性強化、支配性理論)が存在しています。
しかし、トレーニングの多くは、犬が行動した後に着目して、行動を強化(増やす)したり、弱化(減らす)させるもの。
でも、最も大切なのは行動の後にだけ当てはめて考える、“行動”ではない本能的(感情面)な部分で、行動には何らかの『きっかけ』があると夏目先生。
例えば、対犬が苦手で吠えてしまうワンコさんの場合、飼い主は吠えさせまいと必死になるあまり、慌てたり上ずった声で名前を呼んでいないだろうか?
鋭いワンコ達は、そういう飼い主の慌てっぷり=犬がいる(来る)をすぐ見破ります。又飼い主の慌てた匂いで、一連の流れ(物語)が作られ、吠えが強化されている場合が少なくないようです。

又吠えたからと、叱ったり、脅したりし、「マテ」と言って行動をすりかえ、犬の感情をはぐらかすようなことをしなくても、『きっかけ』となる環境(飼い主を含む)をもう一度見直し、整えて、刺激(恐怖)は『好子』で克服できるものなんです。
これはテンプル・グランディン著「動物が幸せを感じるとき」にも書いてありました。

その為に、CDSでは好子となる2次強化子を、毎日コツコツと沢山作っているんですよね。
そして、いつかは飼い主そのものが好子とれるように取組んでいるわけです。

また、人間に比べて前頭葉が小さい犬=考えることが苦手な犬に、なんで考えるトレーニングばかりをするのでしょう?
犬だから?
もしそれが人間の子供だったらどう教えるか?
考えることが困難なら、そっと手を差し伸べて、人が手助けをして教える=身体プロンプト。
犬にだってそういう優しいトレーニングでも伝えられるよね。
もっと言うと、その方が飼い主への信頼は寄せられるよね。
という心温まるトレーニングのお話でした。

我が家ののんも、CDSでトレーニングをはじめて4年生(^^;;
お散歩でワンコさんの姿を見ればギャンギャン吠え、外の物音に反応しては吠え…(^^;;
と大変な時期もありましたが、今では対ワンコさんをスルー出来る時もあったり、家の中ではインターセプトですとんと落ち着けるようになってきました(*´∀`)
たまにですが、目が合うだけで吠え止んで、落ち着けるときもあるんですよ~♪
(私が怖い?(^^;; )

しかし、まだまだ要求吠えという課題もありますので…(^^;;
今後はその辺りを取組んでいきたいと考えております!

お暑い中~はるばるお越しくださいました夏目先生、そして会場の手配をしてくださった幹事のカエデさん、のえママさん、実り多い楽しい時間をありがとうございましたm(_ _)m
来月もよろしくお願いいたします♪

『遠慮のない関係』

Category : モカとのん
ここのところの雨続きで、ワンコと暮らしはじめて一番困るのが、お散歩です。
排泄はまあ~家で出来るようになったからどうにかなるとしても、それでもお散歩は別物のようで『お散歩に行きたい!』と主張するモカ君です(笑)しかし、考えてみると飼いはじめてすぐの頃には考えられなかったこと。
だって、雨に濡れることなんて大嫌いだったし、濡れた手脚をお手入れすることなんか全く出来なかったから(^^;;
それが最近では、雨の中~びしょ濡れで歩いて帰ってくると、洗面所で手脚を洗わせてくれるようになりました(*´∀`)

はじめは短時間で、お湯(ぬるま湯)に触れるだけから始って、お湯の中に浸かれるようになり、今は私が手脚をモミモミして洗っても大丈夫になりました。

でもね、これは私が変われたからできようななったのかな?なんて思うところで…(^^;;
はじめは手脚を触ろうとするだけで、私の手を咬みにくるし、お湯に近づけば『うぅー』って怒りムキムキするし…
それを見てしまうと、怖いと思う気持ちがどうしても強くて、それ以上は出来なかった(^^;;

でも、今、本当に今だからこそ言えますが、『モカの為なんだからママは遠慮しないよ』という意気込みが、少しづつ~少しづつ私に備わってきて、今がある、今日があるんだと思います。

遠慮しない関係=おもねらない=強い優しさ(強い飼い主)

こういうケースの場合、世間一般的には、飼い主がなめられている、もっと力ずくでやらなくちゃ。などと言わわれることがありますが、私はそういう方法は好きではありません。
叱りや力を制して犬をコントロールしなくても、犬は強い飼い主についていきたくなる、そういう動物なんだと実感しているから、叱りや力は使いません。

モカが何を訴えてきても、ユーモアを返したりスルーして、ただただ淡々とお手入れを行ってきました。

いつも叱って、犬を脅してばかりいたら、犬から見た飼い主はどう映るのかな?そこまで考えて行動したいと思っています。

又遠慮しない関係とは他にもいろいろありますね

例えば)

・お留守をお願いする時や、今は相手が出来ないというとき、オヤツを与えてごまかさない(おもねらない)

・今は吠えないよ=インターセプト(強い優しさ)

・して欲しくない行動は制御する(遠慮しない) などなど

この辺が少しづつ伝わりはじめ、最近モカからの気遣いを感じることがあります(^^;;  それはね、手脚のお手入れが出来るようななったことも勿論ですが、ジャーキーを齧っているとき(笑)、ジャーキーが短くなると今までは慌てて齧り取っていたけれど、今では『これ以上かじったらママの手かんじゃうよ~』って、優しく齧ることを止めてくれるモカ。

本当に可愛いくて仕方ありません。

モカのんともっと仲良く暮らす為にも、遠慮しない関係を常に意識しながら、これからも取り組んでいきたいと思います。
だって、家族だもん(*´∀`)

『犬に対する支配性とは?』

Category : トレーニング
先週末チャーリードッグスクールのさいたま定例座学へ参加させていただきました。

今回のテーマは「支配性理論をぶち壊せ」。
私が学びはじめて、一番広めていきたいと思う部分でもあり…(^^;;
伝え方を悩みすぎて、なかなかまとまらない状態ですが、思いきって書いてみようと思います(^^;;

支配性理論とは、古くから言い伝えられるオオカミと犬の関係で、犬はオオカミの血を引いているため序列意識が強く、力の強いものがリーダーとなり、そのリーダーに逆らうものは力で制裁し、自分が下位だということを理解させなければ群れ(家族)の安定が保たれない、
犬はどんなに小さくてもオオカミだから、「唸る」「咬む」「吠える」「指示に従わない」という行動が出た場合は、家族である人間が力を示し(アルファロールや愛情遮断、リーダーウォークなど)人がリーダーとなって服従させることが大切。
というようなオオカミだけを基準として伝えられてきた理論ですが、
これ人間の家族にあてはめて、未だに信じて実行している人っているのだろうか?
又この古臭い支配性理論は、既に過去の話として理解している人がほとんどだとしても、
でも、人間なら誰もが持ち合わせているであろう「支配性」という部分についてはどう考えるべきか?
正直、犬と暮らして行動学を学ばなければ、自分の支配性という部分まで考えることはなかったと思います(^^;;
でも、ピュアな犬と向き合うからこそ、見直さなければいけないと思うようになりました。


↑この澄んだ瞳に映る姿は、恥じることない自分でありたいと思います♪

そもそも、犬のみならず全ての生物に応用できるといわれている心理学に「行動分析学」があります。
ただ、これだけを勉強していても見えてこないのが、犬とはどういう生物なのか=『犬の行動学(エソロジー)』という犬の習性みたいな部分。

例えば、犬は気になる対象物に近づきたい時、弧を描くように近づきながら、対犬には顔を背けたり、地面の匂いを嗅いだりして「敵意はないよ」というカーミングシグナルを示します。
このような犬の「行動学」を理解せずに、
・散歩では脚側で歩くべき
・アイコンタクトをとりながら歩くべき
・飼い主より先に食事をしてはいけない
・飼い主の前を歩いてはいけない などなど。
といったような方法は、犬の習性はお構いなしに、人間都合でコントロール(支配)していることに繋がります。

では、犬目線で犬同士では、どうなるかというと、
先ほどの例をとって言うと、犬の頭が上を向いた状態で、直線的に向かってくるという姿勢は「不躾」ということになります。
この辺りの違いが理解出来ていないと
人は知らぬ間に犬をコントロール(支配して)して、犬の問題行動と言われる部分をわざわざ人間が引き出してしまうことになりかねませんよね。

犬同士が穏やかに暮らせる犬目線での環境を飼い主が整えて、犬を満たしてあげることが、動物福祉に沿った飼育ということに繋がるのだと思います。

そもそも・・・
・犬は人間を支配しようだなんて思いません。
犬はコントロール(支配)しなくても、人間を模倣して穏やかに暮らしたいと願っている健気な動物です。
 (逆に言うと、模倣されて恥ずかしくない人間であるべきとも言えるでしょう)

・吠えや咬みという(一般的に)問題行動と言われるような行動でも、行動の前にある恐怖や不安は交感神経が優位になっている状態なので、副交感神経へ働きかけ(リラックスへ導き)、自律神経を整えてあげれば、叱りや罰を与えコントロールしなくても「吠えなくても(咬まなくても)大丈夫だよ」は犬に伝わります。

その為に、CDS(チャーリードッグスクール)では、日々古典的条件付けを駆使して、名前という犬にとっては何の価値もない音を、苦手となる強い刺激をも乗り越えられるくらいの良い音(ワクワク感が湧き上がる)に仕立てあげ『好子』を作ります。
更には、飼い主という存在そのものを『好子』にして、常に落ち着いた状態(リラックス)へ導けるようなトレーニングを重ねています。
叱りや罰を使って犬をコントロールしようとしなくても、犬にとって『好子』となったもので強い刺激を乗り越えることができるのです。

これらのことを考えると、基礎となる『行動学』と『行動分析学』をしっかり区別して考えることが大切だと思うのと同時に、私の中にも存在する支配性についても、
・まわりの視線ばかり気にしてはいないだろうか。
・人は人
・犬は犬…など、
自問自答する大変貴重な時間となりました。

遠路はるばるお越しくださいました、夏目先生、会場の手配をしてくださった幹事のカエデさん、のえママさん、そしてご一緒した皆さん♪
実り多い楽しい時間をありがとうございました。

「のんの便秘対策」

Category : 手作りごはん
我が家ののんですが、実はお外でうん様をするタイプで、雨でお散歩に行けなかったりすると、溜め込んでしまい(便秘)→結果食欲が落ちてしまったりする時があります。
又もともと腸があまり強い方ではないと思うので、これから梅雨に向かう季節は外にでることがままならないので、食事面でもサポートしてあげたいと思っています(^^;;

そこで、便通をよくしたいとき、気をつけて摂取するようにしたいのが、
「水分」と「食物繊維」です。
食物繊維は野菜や海藻に多く含まれていますね。


【水溶性食物繊維】
有害な物質を吸着して、身体に取り込まないようにする働きがあります。

リンゴ、キャベツ、カボチャ、昆布、ワカメ、ひじき、寒天 など

【不溶性食物繊維】
便のかさを増して、便通を促進する効果があります。

穀類、ゴボウ、さつま芋、大豆、タケノコ、人参、大根 など

又発酵食品のヨーグルトや、便のすべりをよくするオリーブオイルやごま油もおすすめです。

我が家では、どちらかに偏らないように、なるべくバランス良く水溶性と不溶性の食物繊維を合わせて与え、便の通りを良く(程よく柔らかいくらいに)するように心がけています。

例)
オリーブオイル、カボチャ、人参、大根、ブロッコリー、豆乳の水分たっぷりスープ



↑写真にはありませんが、スープの上にお肉やお魚をトッピングするのもおすすめです♪

✴︎私は多めに作って冷凍保存しています。

このスープは腸内のお掃除をしてくれた感がありありで、あまり詳しくは申し上げられませんが(^^;;
私までスッキリします…(笑)

このように、便通で悩むワンコさんがいらっしゃいましたら、一度お試しくださいぃ~♪
(✴︎個体差はあるかも知れませんので、ご了承ください。)

「吠える犬は悪い子ですか?」

Category : モカとのん
犬と楽しく暮らしたくて子犬を迎え家に連れて帰った途端に、吠えが出たり
又最初はおとなしくて吠えなかったのに、急に吠えだすようになった。とか…
そういう場合、何がいけなかったのか?自分のどの対処法が間違っていたのか?と自分を責めてしまう飼い主さんて少なくないのではないでしょうか。
(実は私がそうでした(^^;; )
では、犬が吠えることってそんなに悪いこと?
絶対に吠えさせてはいけないのでしょうか?


確かに、世間一般的に「吠える子は悪い子」吠えないで居られる子は「良い子だね~」と褒めてもらえて・・・。
吠える子を連れていると冷やかな視線が胸に突き刺さるくらい辛くて、お散歩していても肩身が狭くて、私何か悪いことしたかしら?とそんな気持ちに苛まれる飼い主さんって多いのではないかしら?

しかし、よくよく勉強してみると・・・
犬にだって吠える理由があるんですね。
怖いとか、悲しいという感情があると科学的に証明されてきていて、ましてや我が家のように小型犬の場合、目に入るもの全てが大きくて、そりゃー怖かったりビックリして、ついつい声が出てしまうということだってあるでしょう。
又怖いからこれ以上近づかないで!という時には、余計に声を張り上げるかも知れませんよね。
人間だって他人が近くに来すぎたら、文句の一つも言いたくなります。
したがって、世間体とか自分の気持ちはちょっと横に置いといて・・・(笑)
犬目線で考えれば、吠えも普通に理解することができるということです。

そもそも、犬には個体差はあれど、距離を保ちたいというスペース(パーソナルスペース)があります。
それをずかずかと土足で侵入されるようなことがあれば、文句の一つも言いたくなるでしょうし、どうしても今文句を言いたくて仕方がない時にうるさいから「オヤツ食べてなさい。」と口にオヤツを入れられるのも、犬の感情面を考えるといかがなものかな?と最近考えるようになりました。
もし、自分がその立場だったら?
例えば、信頼できる大好きな人に、仕事の愚痴を聞いてもらいたくて話している最中に、うるさいから「ケーキ食べてて!」ってケーキを口に入れられたとしたら?
自分のイライラは一つも解消されず、イライラが増すのは私だけかしら?(笑)
では、信頼できる人に「分かったよ!大丈夫だよ!そんなに気にすんな。」と宥めてもらえたら、気持ちがス~っと晴れると思いませんか?
ワンコだって同じなのではないかな?と最近考えられるようになりました。

このようなことを考えると・・・
先ずは、感情に寄り添って、一旦気持ちを受け止めてあげる。
そして、吠えの対象となっている刺激を乗り越える為に、犬にとって価値のある言葉(2次強化子)を沢山作ってあげることが、犬と一緒に暮らすという楽しさでもあると思うのです。

傍から見たら問題と言われがちな「吠え」かも知れないけれど、実はそのおかげで犬とのパイプが太くなり、心を通い合う絶好のチャンスだとしたら???

私は問題行動と言われている、のんの吠えや、モカの咬みに感謝せずにいられません。
犬と暮らすことって、こんなに楽しいくて充実しているものだなんて思いもしなかったから…。
今では負け惜しみではなく、心の底からふたりに感謝しています(*´∀`)

吠えても吠え止ませてあげられれば問題ありませんよね~♪


プロフィール

モカのんママ

Author:モカのんママ
■モカ♂(スムチー)4歳7ヶ月 
食いしん坊で、お散歩大好き!
かなり臆病な男の子です。
■のん♀(ロンチー)4歳4ヶ月
おやつ大好き!
のんきで明るい女の子です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
チワワブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。